agloco 人生があと3日だったら

あなたの人生があと3日だったら あなたは何をしますか?

真剣に一度考えてみてください。


以下の文章は 『鏡の法則』を紹介された野口さんのブログからのものです。
http://coaching.livedoor.biz/archives/14151680.html

「もしもあなたの人生が、残り3日間しかなかったら、この3日間何をしますか?」

考えてみましたか?

人は、命が残り3日間しかなかったら、自分にとって最も大切なことに時間を使おうとします。
まだ考えてない人は、続きを読む前に考えてみて下さい。


アメリカでは、死から学ぶ教育(デス・エデュケーション)が盛んに行なわれているそうです。


ある大学の公開講座では、先生が、まさしく次の質問をするそうです。

「もしもあなたの命が、あと3日しかなかったら、何をしますか?」

参加者達は、みな真剣に考えます。


出てきた答えは、

・「妻に『今まで、いっしょにいてくれてありがとう。もっといい夫でありたかったのに、ごめんね』と伝えたい」

・「夫に『いっぱい喧嘩もしたけど、私のパートナーでい続けてくれてありがとう』と伝えたい」

・「両親に『たくさん親不孝してごめんなさい』と謝って、『生まれてきてほんとによかったと思っています。ありがとう』って伝えたい」

・「自分の子どもに『ガミガミ叱ってきたけど、あなたは、本当はいい子なのよ。あなた、ほんとうに優しい子よ。たくさんの幸せをありがとう』 って伝えたい」

・「喧嘩別れした友達に『あの時はごめん』って、謝りに行きたい」

・「大切な人達全員に、手紙を書きたい」

・「家族と最高に楽しい思い出を作りたい」

などなど・・・。

人は、3日間しかなかったら、みんな優しくなれるようです。


そして、最後に先生が、参加者達に問いかけるそうです。

「皆さんは、人生が3日しかなかったらできることを、どうして一生かけて、やらないのですか?」

参加者達は絶句するそうです。


本当の成功というのは、何か特別な成果を出すということではなく、一番大切なことを、一番に実行することではないでしょうか?

その勇気を持つことではないでしょうか?

そこに、本当の成功、本当の幸せがあるように思います。

人生はエンドレスではないのですから。


「悔いのない人生」という言葉がありますが、私達の人生があと何日残されているか、私達は知らないのです。


「明日からを7回言うと1週間になる

 来週からを4回言うと1ヵ月になる

 来月からを12回言うと1年になる

 来年からを数十回言うと、私達は灰になる 」


いかがですか?

考えさせられますね。
人生残り3日しか無いとなれば私も同じようなことを考えてしまいます。
やはり一番大切なこと=大切な人のことを考えます。

お金を儲けたいとか、有名になりたいとか、そういったことは思い浮かびません。
この世に生を受けて めざしてきたことではないと言うことになります。

自分の人生の本当の目的=幸せや成功は この3日間の人生を考えることではっきりします。
目的(幸せや成功)を達成するための手段として仕事やお金儲けがあったということに気づきます。

きのうモグモグラさんが私のブログのことを記事にしてくださいました。
http://mogmogura.blog117.fc2.com/blog-entry-202.html
ありがとうございます。

年老いた両親にしてあげられる些細なことですが、
年が明けたら一度久しぶりに両親に顔を見せに行こうと思います。
「一番大切なこと」を実行しようと思っています。



 AGLOCOの登録は↓
    http://www.agloco.com/
ポチ<★で元気になります→くつろぐランキング





posted by urara at 2007-12-20  | Comment(6) | 日記
この記事へのコメント
コメントあざっす!
写真はむかしのですから。
今は見る影も。。。www

アメリカ人は9・11以来そんな風に考えるみたいですね。
ちなみに、9・11当事、僕はロスにいました。
あ〜、こりゃ死ぬなって思いました。

その時、やはり家族や、彼女のことを真っ先に考えました。
その後はろくでもないことばかり考えてましたが。。。www
Posted by masaya at 2007年12月21日
こんばんは。
こちらこそいい動画をありがとうございます(^^♪
さすがは野口さん、いい言葉を知りました。
ほんとうに考えさせられます。
Posted by モグモグラ at 2007年12月21日
2人目出産のときに出産直前に
気を失いそうになりました。
その直後に生まれてよかったんですが、
そのときに、意識が失いそうになるぐらいえ〜〜〜どうしよう!!今、死んだら、この子達どうすればいいの!!私は、死ぬわけには行かないのよ!!と意地??思いました。それが、すべてなんだとおもいます。この子達に今、できることをしてあげたいなと再びおもい起こせました。
Posted by hiromama at 2007年12月21日
>masayaさんへ
9・11の頃、ロスに居たんですか?
死を身近に感じたでしょう?
普段いつもと変わらずいつものように1日は過ぎると誰しも思っています。
9・11のテロは私たちのそういった普段を信じられなくしてしまいました。そこからこういった教育が行なわれるようになったって、わかる様な気がします
Posted by urara at 2007年12月21日
>モグさんへ
野口さんのかなり前の記事ですが、印象に残っています。
「ぞうの背中」のお話にもつながるような気がします。残りの人生が見えないから1日をあまり考えずに過ごしてしまうのですね。
たまにはこうして思いを基本に戻すのもいいことですよね。
Posted by urara at 2007年12月21日
>hiromamaさんへ
やはり子供のことが一番に出てきますよね。
旦那さん、両親を思う気持ちもですね。
それと、私はいっぱい「ありがとう!」をいいたい人を思い浮かべました。
Posted by urara at 2007年12月21日
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。